FC2ブログ

脱・なんちゃってギター

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nanchatteguitar.blog111.fc2.com/tb.php/109-4512b5cf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ボビー・コールドウェル プレミアム・スーパー・ライヴ@札幌市民ホール

前回、ボビー・コールドウェルのライヴを観たのが丁度1年前。
今年もまた札幌にボビー・コールドウェルがやってきてくれた。

いろいろ調べてみると、どうやらここ数年は同じメンバー、同じ様なセットリストで、もしかしたらMCも似た様なことを毎回言っているのかもしれない。何度も見慣れている方であれば、たまには違った曲が聴きたい・・・あんな曲やこんな曲・・・など色々な想いがあると思うが、やっぱり何度観ても良いものは良い。


前回は道新ホール(700席)で満員だった(ソールド・アウトだったらしい)が、今回は札幌市民ホール(1500席)になってキャパが大きくなったせいか空席が目立った。せっかくこんな素晴らしいライヴが間近で観られるというのにとっても残念。

20101018_01.jpg

開演時間をを少し過ぎたところで、何の前触れもなく場内が暗転。すぐにバンド・メンバーが現れると1曲目「Coming Down From Love」のイントロを演奏。心地よいリズムに乗って登場したのは、黒のスーツを纏ったボビー・コールドウェル。声の調子も良さそうで、グイグイと観客を引き込んで行く。
「コンバンワ、サッポロ」と挨拶をするとすぐに「Stay With Me」を演奏。ドラムのジョニー・フライデー以外、全員がコーラスを担当するが、この曲では抜群のコーラスワークを発揮していた。続いてボブ・マーレーに捧げた「Jamaica」、アルバム「ソリッド・グラウンド」から「Janet」を立て続けに演奏。
「Heart of Mine」では、ボビーがピアニカを使ったソロを披露。ピアニカにマウスピースをつけないで吹くのは何かこだわりがあるのか、いつも気になる。

ボビーの歌もすばらしが、バンドメンバーも強者揃い、頼もしい演奏を聴かせてくれる。ライヴ中盤ではメンバーをフューチャーしたソロ・コーナーがあり、まずは、ボビーにも”スーパーマン”と言わしめてしまうほど、マルチ・プレイヤーぶりを発揮していたパトリック・ラム。去年同様、今年も客席へ乱入して吹きまくる。甘いマスクに何となく可愛らしい風貌で、この日も多くの女性客が来場していたが、きっと彼女たちハートをわしづかみしたに違いない。
歌心とテクニックを兼ね揃えており、ルックスも日本人ウケしそうな感じで、もっと人気が出てもおかしくないと思う。YouTubeで検索するとJeff Lorberと競演した映像があったが、第二のDave Kozになったりするかも・・・。ソロ・アルバムもリリースしており、会場の物販ブースでも販売されていた。ライブ終了後には、パトリック・ラム自身が物販ブースに現れて購入した方にサインをしていた。
Soul of a Free ManSoul of a Free Man
(2007/03/13)
Patrick Lamb

商品詳細を見る


(iTunesで試聴可能。Soul of a Man / Patrick Lamb

そして待っていました「What You Won't Do For Love」。イントロが流れた瞬間、大きな歓声があがった。これぞボビー・コールドウェルといった曲。この歌が聴けただけでも大満足。

ふたたびメンバーのソロ曲。最近、ソロ・アルバムを出したというキーボードのマーク・マクミレンが「Strut My Stuff」を披露。これがまたAORライクな曲ですごく良かった。後で調べたところこちらもiTunesでも取り扱いがあり全曲試聴できた。Keenyo/Mark McMillenこれはCDでじっくり聴いてみようかと思う。

KEENYOKEENYO
(2010/09/17)
MARK MCMILLEN

商品詳細を見る

また、この曲でボビーはギターを披露。これがちょっと弾けます程度ではなく、なかなかの腕前。ヴォーカルはもちろん、キーボード、ピアニカにギターと大忙しだった。

そしていよいよライブは終盤へ。ジーン・マックレインに煽られて一気に客席はオール・スタンディング状態。「All or Nothing at All」「Back in the Fire」とノリのいい曲が続いて本編が終了。

アンコールに応えてメンバーが登場。マーク・マクミレンがオルガンの音色でイントロを弾き始めるとソウルフルなジャムセッションとなる。ボビーはここでもギターを弾いていた。曲はそのまま「At Last」へと続いて行く。

あっと言う間の約1時間半。ボビーが「Feelin' Good!!」と言っていたほど、今回は楽しそうに歌っていたのが印象的だった。また札幌にも来てほしい。

■ メンバー
ボビ-・コールドウェル/Bobby Caldwell(vo)
ジーン・マックレイン/Jean McClain(vo)
マーク・マクミレン/Mark McMillen(key)
パトリック・ラム/Patrick Lamb(sax) 
カーライル・バリトウ/Carlyle Barriteau(gt)
ロバート・バリー/Robert Vally(b) 
ジョニー・フライデー/Johnny Friday(ds)

■ セットリスト
Setlist : Bobby Caldwell Premium Super Live @ Sapporo Shimin-Hall, Oct 18, 2010
Show started 19:02

01. Coming Down From Love

02. Stay With Me

03. Jamaica

04. Janet

05. Heart of Mine
06. In the Name of Love
07. Cry

08. Patrick Lamb Solo
09.What You Won't Do For Love
10.Strut My Stuff (Mark McMillen)
11.Where Is Love
12.One Love
13.All or Nothing at All
14.Back in the Fire
(アンコール)
15.At Last
Show ended 20:36
(2010年10月18日月曜、札幌市民ホール=ボビー・コールドウェル)

■ 収録アルバム
イヴニング・スキャンダルイヴニング・スキャンダル
(2005/10/19)
ボビー・コールドウェル

商品詳細を見る


ハート・オブ・マインハート・オブ・マイン
(2005/10/19)
ボビー・コールドウェル

商品詳細を見る


ソリッド・グラウンドソリッド・グラウンド
(2005/10/19)
ボビー・コールドウェル

商品詳細を見る


アルティメイト・ベスト・オブ・ボビー・コールドウェルアルティメイト・ベスト・オブ・ボビー・コールドウェル
(2010/08/25)
ボビー・コールドウェル

商品詳細を見る


■ 関連記事
2010年6月29日/ボビー・コールドウェルが今年もまた札幌にやってくる
http://nanchatteguitar.blog111.fc2.com/blog-entry-87.html
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nanchatteguitar.blog111.fc2.com/tb.php/109-4512b5cf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kazzurri(カッズーリ)

Author:kazzurri(カッズーリ)
札幌市在住
趣味に仕事に日夜奮闘中!

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2カウンター

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。