FC2ブログ

脱・なんちゃってギター

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nanchatteguitar.blog111.fc2.com/tb.php/131-b886b1f5

トラックバック

コメント

[C65] ハービーハンコック

ハービーハンコックのファンです。
宜しくお願い致します。

[C66] Re: ハービーハンコック

>ともさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
ハービーハンコックのファンということですが、私もつい先日マナでその凄さを体感しましたよ。
どうぞよろしくお願いします。
  • 2011-06-01 22:19
  • kazzurri(カッズーリ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

◆Herbie Hancock & The Imagine Project Band @ 札幌市民ホール

◆Herbie Hancock & The Imagine Project Band @ 札幌市民ホール

昨日は札幌市民ホールにて「Herbie Hancock & The Imagine Project Band 」のライヴを見てきました。東京、大阪、そしてここ札幌の3都市3公演という貴重なライヴ。Herbie Hancockを見るのは2007年の札幌コンサート・ホールキタラで行われた「ザ・カルテット」のライヴ以来、約4年ぶり2回目。



※※※※これからライヴをご覧になる方はネタバレが含まれますのでご注意ください※※※※




昨日は仕事を早々と切り上げ会場の札幌市民ホールへ。開演15分くらい前でもまだ会場の外に並んでいたので、今晩は満員御礼かと思ったけど、蓋をあけてみると8割くらいの入りかな?まぁ北海道でやるこの手のライヴでは良い方なんですけどね、やはりHerbie Hancockでもソールド・アウトにはならなかったみたい・・・。


ライヴはほぼ定刻通りにスタート。まずドラムのTrevor Lawrenceが一人で登場しリズムを打ち出すと、続いてベースのJames Genusがそれに乗っかり、そしてHerbie Hancockが登場するっていう演出。おもむろにキーボードに向かい始めると「Actual Proof」を演奏。ノッけから熱い熱い・・・グイグイ引き込まれて行く。

ちょっと長めのMCで今回の震災のこととか話したあと、ここでヴォーカルのKristina Trainが登場。2曲目は最新アルバム「Imagine Project」からおなじみJohn Lennonの「Imagine」。トリオだけだとちょっとむさ苦しい感じだけど、華を添えてましたね。彼女は去年ブルーノート・レーベルからファースト・アルバムをだしたばかりの新人シンガー。歌もうまいけど3歳~18歳まヴァイオリンを習っていたそうで、ステージ後半、チーフタンズの話が出てきたときにアイリッシュ・フィドルを披露していました。CDショップで見かけたのは覚えていたんですが、スルーしてました・・・新たな発見です。

3曲目にはHerbie Hancockと言えばおなじみの”ショルキー”が登場。クラビっぽいサウンドでこれまたファンキーな演奏でノリノリ。James Genusとの掛け合いは凄かったなぁ~。あらかじめベース・フレーズをループさせた上で、Herbieと8バース~4バースを延々繰り返す。相手のフレーズを聞いて反応していくのはまさにジャズの醍醐味ですね。

再びKristinaが戻ると、グラミー賞を受賞したアルバム「River~the Joni Letters」から「Court and Spark」。ジョニのアルバムも大好きだし、Riverも結構聴き込んだので、この曲の演奏は嬉しかった。曲は切れ間なくそのままピアノ・ソロへ。

その後はスタンダード・ソングのメドレー、Imagine Projectからの曲を披露。特に「Imagine Project」からの曲は3人の演奏だけでは対応しきれないので、KORGのOASYSがシーケンサーとなり同期演奏していたようです。

アンコールはなんとHeadhuntersの「Chameleon」。最後は大盛り上がりで終了。今回は見に行ってよかった。だいたい今までに見たJAZZ系のライヴは90分程度というのが多いんですが、終わってみたら約2時間30分。まぁ1曲1曲が長いので当然なんですが、それにしても見応えたっぷり。ピアノ・トリオ+ヴォーカルというメンツだからアコースティックなものになるのかな?って勝ってに思っていたので予想に反してエレクトリックなライヴで楽しめました。






公演終了後、1名がステージに握手を求めに行ったとたん堰を切ったかのように怒濤のごとく人が押し寄せ、足は踏まれるは、押されたり、戻って行く人に押さえられたり後味が悪い思いをしました。こういうのっていかにもミーハーな北海道の人らしい。それまでは大人しいのに・・・。

■ メンバー
Herbie Hancock(Pf, Key)
James Genus(B)
Trevor Lawrence(Dr)
Kristina Train(Vo)

■ セットリスト
Setlist : Herbie Hancock & The Imagine Project Band @ Sapporo-Simin Hall, May 13, 2011
Show started : 19:02
01. Actual Proof
02. Imagine
03. Watermelon Man & Seventeen
04. Court and Spark
05. Piano Solo
06. Medley
  ~Dolphin Dance
  ~Round about Midnight
  ~Speak Like a Child
  ~Cantaloupe Island
07. Tamatant Tilay
08. Times They are a Changin'
09. Space Caption

( Encore )
10. Chameleon
Show ended : 21:24
(2011年5月13日金曜、札幌市民ホール=ハービー・ハンコック&ザ・イマジン・プロジェクト)

■ 収録アルバム
イマジン・プロジェクトイマジン・プロジェクト
(2010/07/21)
ハービー・ハンコック

商品詳細を見る


リヴァー~ジョニ・ミッチェルへのオマージュリヴァー~ジョニ・ミッチェルへのオマージュ
(2007/09/19)
ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター 他

商品詳細を見る


ThrustThrust
(1998/08/18)
Herbie Hancock

商品詳細を見る


ヘッド・ハンターズヘッド・ハンターズ
(2001/03/23)
ハービー・ハンコック

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nanchatteguitar.blog111.fc2.com/tb.php/131-b886b1f5

トラックバック

コメント

[C65] ハービーハンコック

ハービーハンコックのファンです。
宜しくお願い致します。

[C66] Re: ハービーハンコック

>ともさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
ハービーハンコックのファンということですが、私もつい先日マナでその凄さを体感しましたよ。
どうぞよろしくお願いします。
  • 2011-06-01 22:19
  • kazzurri(カッズーリ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kazzurri(カッズーリ)

Author:kazzurri(カッズーリ)
札幌市在住
趣味に仕事に日夜奮闘中!

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2カウンター

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。