FC2ブログ

脱・なんちゃってギター

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nanchatteguitar.blog111.fc2.com/tb.php/91-7c065347

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

シャカタク@ゼップ札幌

◆ シャカタク@ゼップ札幌

2010年7月6日、ゼップ札幌で行われたシャカタクのライヴに行ってきた。シャカタクが北海道に来るのは、昨年の「花園くっちゃんミュージックフェスティバル」以来約1年ぶり。今回の来日ではBillboard Live(東京、大阪)以外の単独公演は札幌だけ。


(***注意***)
これからライヴをご覧になられる方はネタバレがありますのでご注意ください。
 ******
場内が暗転するとSEが流れメンバーが登場。ヴォーカルのジル・セイワードとジャッキー・ヒックスがフルートを持っているのを見てオープニングは「Invitations」だとすぐに判った。イントロが流れると歓声が上がる。昔の様な勢いは無いが、やはりこの曲はいつ聴いてもカッコイイ。ライヴ映えする曲なんだと思う。2曲目、間髪入れずにアルバム「ナイト・バーズ」から「Easier Said Than Done」だ。2曲も続けて大好きな曲が演奏される。この辺り嬉しすぎて余り良く覚えていない。
ビル・シャープがセンターのマイクでMCを取る。続いてはジャッキー・ヒックスのサックスをフューチャーした「Streetwakin'」。ジャッキーはヴォーカル、フルート、サックス、パーカッションと大忙し。4曲目はヴォーカルのジル・セイワードが歌う「City Rhythm」。イントロの”シャバダバ~♪シャバダバ~♪”もしっかり再現。怒濤の4曲、つかみはオッケー!というところか。

続いて、長年シャカタクのサポート・ギタリストのアラン・ウォーマルドのソロ・コーナー。正直、余り注目していなかったが、実際の演奏を見ると非常にアグレッシブで、まったりする演奏に良いアクセントとなるフレーズを弾き、ジャズ~ロックっぽいフレーズも難なくこなす。ジョン・マクラフリンみたい?は言い過ぎか・・・。途中、「So What」っぽい(?)フレーズなんか出てきたり、ニヤリとさせられる。そのままサンバ調の曲「Don't Say That Again」へと流れる。この曲はギターがリードを取る曲だ。ここぞとばかりに弾きまくる。こんな気持ちのいいギターの演奏は久しく聴いてないような気がする。再び、ジルがセンターで歌うのは「Day By Day」。7曲目は2007年のアルバム「エモーショナリー・ブルー」からタイトル曲「Emotionally Blue」。

ここでビル・シャープだけを残してピアノ・ソロへと突入。過去のライヴでもおなじみのことと思うが、「ナイト・バーズ」のフレーズをちりばめて華麗なピアノ・ソロを披露する。途中で観客をあおったりお茶目な姿も見られた。
次に登場するのはベースのジョージ・アンダーソン。なんと客席からの登場し、通路を一周してステージへ向かう。たまたま通路側の席であったため、あんな間近でスラッピングを見たのは初めて。ステージにあがるといつの間にかドラムのロジャー・オデルがスタンバイ。ベースとドラムの競演となった。

ソロ・コーナーが終わり、最新アルバム「アフターグロウ」からタイトル曲の「Afterglow」が演奏される。近年発売されたアルバムから演奏されたのは「Afterglow」と「Emotionally Blue」だけだった。その後、「Dark Is The Night」、「Brazilian Dawn」と初期のアルバムからの曲が続く。終盤に差し掛かり、ここで大ヒットナンバー「Watching You」が登場。

そして最後はやっぱりこの曲「Night Birds」。イントロのベース・ソロの時点で詳しい人は「Night Birds」だと気が付き始める。あの有名なフレーズが出た瞬間、大きな歓声と拍手が上がった。曲の中盤でビルが、キーボードで聴き覚えあるフレーズ弾き始めたと思いきや、スティービー・ワンダーの「I Wish」だった。ほんのわずかだけヴォーカルも入る。そしてメンバー紹介を経てエンディングを迎える。大歓声と拍手に包まれてメンバーは一旦ステージを後にする。

しかし、ここで終わるハズがない。あの名曲をやっていないからだ。メンバーはすぐにステージに戻り、「Down On The Street」のイントロが始まると場内も総立ちとなった。
ジルは観客を煽り、コール&レスポンスを繰り返す。シャイなのか場慣れしていない人が多いのか、ノリがイマイチなのはご愛嬌。こうしてあっという間のシャカタク札幌公演は幕を閉じた。

終始メンバーはリラックスして楽しんでいるようで、何度も客席に微笑みかけている姿が印象的だった。自然とこちらも楽しい気分になり、気が付けば笑みがこぼれていた。内容的には有名曲のオンパレードで、セットリストも毎回同じなのかもしれないが、非常に楽しめたライヴだった。近年は毎年来日しているようなので、また札幌にも来てほしい。


■ メンバー
ビル・シャープ/Bill Sharpe(P/Key)
ジル・セイワード/Jill Saward(Vo)
ジョージ・アンダーソン/George Anderson(B)
ロジャー・オデル/Roger O’Dell(Dr)
ジャッキー・ヒックス/Jacqui Hicks(Vo/Sax/Per)
アラン・ウォーマルド/Alan Wormald(Gt)

■ セットリスト
Setlist : Shakatak @ Zepp Sapporo, July 6, 2010
Show started 19:06
01.Invitations
02.Easier Said Than Done
03.Streetwakin'
04.City Rhythm
05.Guitar Solo ~ Don't Say That Again
06. Day By Day
07.Emotionally Blue
08.Piano Solo
09.Bass Solo
10.Afterglow
11. Dark Is The Night
12.Brazilian Dawn
13.Watching You
14.Night Birds
( アンコール )
15.Down On The Street
Show ended 20:48
(2010年7月6日火曜、ゼップ札幌)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nanchatteguitar.blog111.fc2.com/tb.php/91-7c065347

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kazzurri(カッズーリ)

Author:kazzurri(カッズーリ)
札幌市在住
趣味に仕事に日夜奮闘中!

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2カウンター

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。